係留は

係留索と気球をロープでつないだ状態で気球を飛ばすことである。

イベントなどでたくさんの人を少しだけ気球に乗せてあげる、という目的で行われる。 結構お金をとられ、しかもずっと並んで数分しか飛べないという理不尽なシステムで運営されるのだが、これは決して気球人が貪欲なのではなく、気球の維持の大変さを暗に語っているのであることを理解して欲しい。

一般的に係留索は気球車が使われ、3,4台で気球を囲むように配置される。気球を繋ぎ止めるロープは一般に30mである。 上がる高さはロープの長さから計算できるであろう。

何が言いたかったかというと、係留みたいな理不尽なシステムに付き合うくらいなら、気球部に入れば年間10時間くらいは軽く乗れるよ!!

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS