熱気球部とは

その名の通り、熱気球を飛ばすサークルです。 熱気球ってなんだっけという人もたくさんいると思いますが、実は意識してみるとそのへんの看板によくこっそり描かれているあれです。

おしごと

もちろん気球を飛ばすことです。本当に飛びます。証拠は下の写真です。

週末になるとフライト前日にランチ(離陸場所)まで移動し、朝早く起きて気球を飛ばします。 現在もってる気球は3人乗りなので、パイロットのほかに2人乗ることができます。 しかし、気球はなんと2機あるので一度で6人が乗れることになります。 いったん降りてクルーを交換すればもっと乗れますね。

乗る他に、チェイスという気球を追って車で突っ走る仕事もあります。 気球を降ろしたとき、チェイスが来ないとパイロット一同はいつになっても帰れません。 パイロットには当然、操縦する技術が必要ですが、チェイスも気球の行く先を読む技術が要ります。

このように気球は意外と大人数でやるスポーツです。 一機飛ばすだけでも最低4人必要です。 チェイスがさびしいので5人か6人いるとうれしいです。 2機飛ばすなんて言った時には、8人とかいないといけませんね。 大人数でやるのでいつも楽しいです。

空の風景

ばしょ

東北大学川内北キャンパスG-2でに部室があります。ここで毎週水曜日の午後6時から部会が行われます。その週に気球へ行く人を決めるのもこのときです。

気球をするところは季節によって変わります。冬と春は瀬峰、夏は渡良瀬?というところで飛ばします。秋は大会で大移動を繰り返します。

もっとしりたい

それぞれのページを見てね。

ベーム立ち上げ
空
Last-modified: 2014-04-23 (水) 23:33:51 (1191d)
添付ファイル: filesky.png 167件 [詳細] fileballoon.png 181件 [詳細] fileripsky.png 177件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS